女性用越中ふんどしの勧め!

ふんどしの歴史は?

和歌山県にある約1,400年前の古墳から発掘された「はにわ」が着用していたのが、日本最古のふんどしと言われています。

ふんどしは、古事記や日本書紀にも登場しますので、とにかく歴史があります。

 

時代劇や映画でおなじみの戦国時代。約500年前のふんどしは「麻」が主流でした。

でも、それはかなりの高級品で、ふんどしを着用できたのは身分が高い人だけだったそうです。

 

 

ふんどしが庶民にも普及したのは、約300年前の江戸時代です。「木綿」が伝わったことによります。

この「木綿」は愛知県西尾市に漂着した崑崙(こんろん)人が種と栽培方法を伝えたとされています。

その証拠に、西尾市は江戸時代から近代にかけて木綿の一大産地で織布業が盛んでした。

                日本で唯一、綿の神様を祀る天竹神社にて

 

そんなふんどしですが、明治の時代に入ると文明開化により生活が欧米化し、ふんどしを着用する人が減ってしまいます。

更に戦後には一気に衰退し、祭事や相撲での着用が主となり、日常に着用する人はほとんどいなくなってしまいました。

 
女性用ふんどしの歴史は?

「ふんどしって男性の下着ですよね?」という声が聞こえてきそうです。

その通りで、時代劇でよく見るふんどし姿は、みんな男性でした。

女性はふんどしを着用していたのでしようか?

江戸時代、女性用のふんどしは「女褌」とよばれ、のちに入浴時に着用したことから「湯文字」と呼ばれるようになります。

「湯文字」は、着物の時の下着として使われる、腰巻で、巻きスカートのようなものです。

生地は「綿」や「絹」がほとんどです。

最近では、着物の下着としてではなく、暑い夏に家着として着用する女性が増えているようです。

 

この「湯文字」こそが「女性用越中ふんどし」の原型と言えるのではないでしょうか!!
シンプルな作りですが、骨盤をしっかりと固定をしてくれるので、使ってみるととても心地がいいです。

ただ、紐がついた巻きスカートをイメージしていただけるとすぐわかると思いますが、「湯文字」には大切な部分を覆う布はありません。

なので、外出には不向きな下着で、江戸時代には入浴着という役割が大きかったようです。 
 
 

 生理の時はどうするの?

ふんどしをお伝えしていて、必ず聞かれるのが「生理の時はどうしたら良いですか?」という質問です。

その答えはズバリ「生理の時は無理して着用しない!!」です。

では、昔の女性はどのように生理を過ごしていたのでしょうか?
前回にも書きましたが、女性は「湯文字」と言う腰巻のような下着を着用していたのですが、それでは大切な部分を覆うことはできていませんでした。
なので、生理の時には布をふんどしのようにしたり、タンポンのようにしたりと工夫をしていたようです。

現代には、吸収力の優れた生理用品が多く市販されていますので、布を当てるだけというのには抵抗がある方も多いと思います。
ただ、昔の女性の生理は、今の女性の生理と比べると、経血もオリモノも少なく、更に「経血コントロール」が出来ていたとも言われています。
 

「経血コントロール」とは、トイレに行った時に経血を出すこと!
昔の女性に出来て、今の女性には何故出来ないのでしょう?

その答えのヒントは、生活の違いにあります。
畑仕事などでよく働いた昔の女性は、腹筋はもちろん、骨盤底筋が発達していました。
この筋力で、コントロールが出来ていたのです。
更に今の女性は、吸収力の高い生理用品の日常使いにより、いつでも出して大丈夫という習慣がついてしまっているのです。
 

話は少し逸れますが、この骨盤底筋を鍛えると「尿漏れ」の予防にもなります。
将来「尿漏れ」に悩まないためにも、経血コントロールを意識すると良いと思います。

 

さて、本題の「生理の時にふんどしは?」ですが
ふんどしを快適に、楽しく着用していただくために、無理のない方法を提案しています。
もちろん、工夫次第では常に着用いただくことも出来ますが、一番のオススメは寝る時ふんどしです。
「紐がほどけちゃったらどうしよう?」なんてドキドキしながらではなく、リラックスタイムに下着を着用していることを忘れて寛いでください。 

 
 

ふんどしを正しく着用しましょう!

意識の高い女性の間で、少しずつふんどしが広がっていますが、正しい着用方法はなかなか知られていません。
「タレをもう少し長くしていただけませんか?」という声が良く届くのですが、これはあきらかに着用方法が間違っています。
私は、身長164㎝ですが、はつねっとのふんどしのタレは、むしろ長いくらいです。
せっかくふんどしと出会ってくださったのに、着用方法を間違えて、嫌にならないように、こちらでじっくりとお伝えします。
越中ふんどしは、とてもシンプルな形で、さらには基本的にフリーサイズです。

 

はつねっとのふんどしは、すべて手作業で作っていますので若干の誤差はありますが、幅25㎝・長さ80㎝・紐140㎝です。このサイズは、男性でもカバーできますので、ペアで使っていただくことも可能です!
普通は、紐の長さが左右同じになっていますが、タレの下でゆるみがわかりにくかったりもたもたしたりするので、左で結ぶデザインになっています。柄は裏になってしまいますが、右が結びやすい方は裏にして右で結んでください。

ふんどしのサイズ

 
実際に着用してみましょう!

まず、腰骨の上に乗せるように紐をまわし、左側でキュッと結びます。蝶結びがおすすめです。
腰骨の上ですから、きつく結んでも大丈夫です。
その時、おへそは紐の上。床とほぼ水平にまわせているかを確認します。
ウエスト位置で結んでしまうと、すぐにズレてしまいますので、腰骨と覚えてください。
慣れてくると、体型にあったベストな場所で落ち着きます。
ふんどし猫 着用方法1

次に、タレをまたの下から前にまわし、紐に通します。
平面の布が、自然にギャザーが寄り、身体にフィットする感覚があると思います。

ふんどし猫 着用方法2

最後に、通したタレを前に返せば完成です!
着用したら、身体を動かしてみてください。
簡単にずれてしまう場合は、最初の紐の位置が間違っています。

ふんどし猫 着用方法3

 

最初は寝る時ふんどしで慣れてください

ふんどしはとても機能的な下着なのですが、やはり日常使いには不安がありますよね!
ただ、素材の良さ・締め付けの無いデザインと良いことづくめの越中ふんどしです。
最初は寝る時にお試しください。開放感と快眠を体感いただけると思います。
 
はつねっとのふんどしモデルは、漫画家のたちばないさぎさんが書いてくださった「ふんどし猫」です。
しっぽはどこから出ているの? とは質問しないでくださいね・・・

 

関連記事

女性用越中ふんどしの「はつねっと」

女性用越中ふんどしの「はつねっと」

女性用越中ふんどしのはつねっとでは、自然由来100%のオーガニック素材である麻を使い、縫製から染めまで全て手作業で一つ一つ丁寧に仕上げた女性用ふんどしを通じて、デリケートな女性のお悩みや自分らしく生きるためのライフスタイルまでをサポートをしています。最近熟睡できない方や最近お肌の調子が良くない方は、ぜひお試しください。

屋号 はつねっと
住所 〒238-0031
神奈川県横須賀市衣笠栄町1-36
電話番号 090-1044-4342
営業時間 10:00-18:00
代表者名 金子 初音 (カネコ ハツネ)
E-mail info@はつねっと.net

女性用越中ふんどしの「はつねっと」 女性用越中ふんどしのはつねっとでは、自然由来100%のオーガニック素材である麻を使い、縫製から染めまで全て手作業で一つ一つ丁寧に仕上げた女性用ふんどしを通じて、デリケートな女性のお悩みや自分らしく生きるためのライフスタイルまでをサポートをしています。最近熟睡できない方や最近お肌の調子が良くない方は、ぜひお試しください。

〒238-0031
神奈川県横須賀市衣笠栄町1-36

090-1044-4342

10:00-18:00