ふんどしプチ講座その2 女性とふんどしの歴史は?

女性とふんどしの話
歌うふんどし屋さん、灯織です

今回はふんどしの歴史についての続きで、女性とふんどしの歴史についてです。

 

前回、ふんどしの歴史についてをお伝えしましたが、

「それって、男性の話ですよね?」という声が聞こえてきそうです。

その通りで、時代劇でよく見るふんどし姿は、みんな男性でした。

女性はふんどしを着用していたのでしようか?

江戸時代、女性用のふんどしは「女褌」とよばれ、のちに入浴時に着用したことから「湯文字」と呼ばれるようになります。

「湯文字」は、着物の時の下着として使われる、腰巻で、巻きスカートのようなものです。

生地は「綿」や「絹」がほとんどです。

最近では、着物の下着としてではなく、暑い夏に家着として着用する女性が増えているようです。

 

この「湯文字」こそが「女性用越中ふんどし」の原型と言えるのではないでしょうか!!
シンプルな作りですが、骨盤をしっかりと固定をしてくれるので、使ってみるととても心地がいいです。

ただ、紐がついた巻きスカートをイメージしていただけるとすぐわかると思いますが、「湯文字」には大切な部分を覆う布はありません。

なので、外出には不向きな下着で、江戸時代には入浴着という役割が大きかったようです。

はつねっとは、
「湯文字」の快適さと、「パンティー」の安心感を兼ね備えたのが「越中ふんどし」だと考えています。
でも、どの下着にも良いところがありますので、使い分けていただくのもオススメです!

            森鴎外が舞姫を書いたと言われる、鴎外荘です。次に行く時には着物を着て出かけたいです!

 

 

 

 

 

              

 

 

 

関連記事

女性用越中ふんどしの「はつねっと」

女性用越中ふんどしの「はつねっと」

女性用越中ふんどしのはつねっとでは、自然由来100%のオーガニック素材である麻を使い、縫製から染めまで全て手作業で一つ一つ丁寧に仕上げた女性用ふんどしを通じて、デリケートな女性のお悩みや自分らしく生きるためのライフスタイルまでをサポートをしています。最近熟睡できない方や最近お肌の調子が良くない方は、ぜひお試しください。

屋号 はつねっと
住所 〒238-0031
神奈川県横須賀市衣笠栄町1-36
電話番号 090-1044-4342
営業時間 10:00-18:00
代表者名 金子 初音 (カネコ ハツネ)
E-mail info@はつねっと.net

女性用越中ふんどしの「はつねっと」 女性用越中ふんどしのはつねっとでは、自然由来100%のオーガニック素材である麻を使い、縫製から染めまで全て手作業で一つ一つ丁寧に仕上げた女性用ふんどしを通じて、デリケートな女性のお悩みや自分らしく生きるためのライフスタイルまでをサポートをしています。最近熟睡できない方や最近お肌の調子が良くない方は、ぜひお試しください。

〒238-0031
神奈川県横須賀市衣笠栄町1-36

090-1044-4342

10:00-18:00