ふんどし女子対談 美容起業家コンサルタント 藤井裕美さん

美容の仕事に誇りを持っています!!

美容の仕事歴26年という裕美さん。まず最初におっしゃったのが、

「美容の仕事が誇りなんです!!」の言葉でした。

 

対談 藤井さん2

学生時代は栄養学を学び、その後大手エステサロンへ就職

「栄養士の資格を持って採用されたので、痩身の栄養相談をするのかと思っていたら、なんと配属されたのがフェイシャル担当だったんです。不思議な気持ちでしたけど、フェイシャルが楽しくなっちゃって(笑)」

お客様がどんどん綺麗になっていくことや、お客様との会話が楽しくて、どんどんエステの仕事が楽しくなったという裕美さんですが、2年弱で結婚・出産を体験し大好きな仕事から離れます。

「子育て中も、夢に見るほどエステの仕事をしたかったんです。社会に戻りたい!取り残されたくない!って思ってました」

小さい子供を預けて女性が働くことが容易な時代ではなく、それでも益々働きたいという気持ちが高まる中、ママ友の「エステいつ行く?」という会話にハッとしたと言います。

「同じ幼稚園に子供が通うママが、子育てをしながらエステの仕事をしているんだと知って、本当に驚いて・・・すぐに『私やりたいです!!』って言ってました(笑)」

この時、おうちサロンで仕事に復帰できたことが本当に嬉しかったという裕美さん。

その後は、サロンを持ち、スタッフを抱え、のべ1万人の女性のお肌に関わってきました。

 

裕美さんにとっての美容の仕事とは

 

「まず、健康あっての美容だと思っています。健康であることがベースにあって、その上に綺麗になることがあるんです。

ファンデーションのノリが良いとか、眉が上手にかけたり、洗顔後の肌がつるっとしているだけで出かけたくなるし、気分も上がり、行動も心も変わる!エステの仕事は、そんな風に女性を支えているというのが誇りなんです」

裕美さんの人生のテーマは「やってみたいを我慢しない」生き方をすること。

このテーマに結びついたきっかけが二つあるそうです。

「東日本大震災がきっかけの一つなんです。明日があることは当たり前じゃないんだということを実感させられました。私たちは被災をしたわけじゃないのになんだか心も生活もガサガサして・・・。そしてもう一つは50歳になったことです。40歳の時には嬉しかったのに50歳になった時は少し落ち込みました(笑)」

それまでは、自分で勝手に枠を作り、我慢をしてきたことがあると気がついたと言います。もう後悔はしたくない!心が動くことや楽しいことはやってみたいと変わったそうです。

今は「旅」がテーマで、今年人生初の海外旅行でハワイに行った裕美さん。それまでは飛行機が苦手で、更に仕事を理由にして旅行は断っていたと言いますが、今回は「やってみたいが勝ちました(笑)感動って、過程と時間が必要なんだって思いました。40分くらいピルボックスっていう山を登ったんですけど、登って見た景色に本当に感動しました。」

これからは自分も感動して、その感動を与えられる人でありたいと思ったそうです。

 

美容起業家コンサルタントとして

 

裕美さん自身が子育てをしながらおうちサロンでエステを始めた時のような、美容の仕事に夢を持ちキラキラとしていた人が、そうでなくなってしまうというのをたくさん見てきたと言います。美容の仕事に誇りを持っているからこそ、美容起業家が活躍できる世の中にしたいのに、そのサポートが今までは出来てこなかったのではないか・・・

「自分がやってみたいを我慢しないように、やってみたいという人を応援出来る人になりたいって思ったんです。それで勉強をして、美容起業家コンサルタントになったんです。」

勉強をしていくと、自身の経験からコンサルタントとしての役割も見つけ出すことができて、今はお客様を持ちながらコンサル業もこなして活躍の日々です。

「年齢を理由に色々我慢をしてしまう人もいらっしゃると思いますけど、これからも私が「やってみたいを我慢しない」を実践している姿を見せて行きたいです」

現状で、個人サロンは3年で9割が潰れるというデータがあります。

「メニューと資格が多くても、潰れてしまうサロンがあるんです。私自身1つのメニューで22年間生きてきて予約の取れないサロンを作ることができたので、資格ジプシーを救済するひとつのメニューをお伝えするコンサルをしているんです。それぞれのサロンが違う個性で営業をすればサロン同士が戦わないで済みますよね!そんな世界を作りたいです」

裕美さんは、仕事もプライベートも充実して選べる豊かさを手渡したいと言います。

女性を豊かに綺麗にするお仕事をする人たちも、更に美しく豊かであって欲しいという想いが強く伝わりました。

対談 藤井さん3

昼間はボディメイクしたいタイプの裕美さんは、寝る時ふんどし女子を実践してくださっています。

「最初はスースーしちやうイメージだったんですけど、実際着用してみたら包み込まれている感じがありました。洗濯したての生地の肌触りが好きです」

大麻生地は、洗濯するほどに強くなりますし、安心できる素材を身につけることで安心感も増しますね。

「寝ている時に身体をゆるませる感じがいいです!」

これからも旅の予定がたくさんあるという裕美さん、是非に旅にはふんどしを連れて行ってくださいね! 

裕美さんのブログは「美容起業家ジプシー」で検索

https://ameblo.jp/hls200208/

インタビューは、横須賀市津久井浜のブルームーンでパンケーキを食べながらさせていただきました。

https://www.bluemoonyokosuka.com/

関連記事

女性用越中ふんどしの「はつねっと」

女性用越中ふんどしの「はつねっと」

女性用越中ふんどしのはつねっとでは、自然由来100%のオーガニック素材である麻を使い、縫製から染めまで全て手作業で一つ一つ丁寧に仕上げた女性用ふんどしを通じて、デリケートな女性のお悩みや自分らしく生きるためのライフスタイルまでをサポートをしています。最近熟睡できない方や最近お肌の調子が良くない方は、ぜひお試しください。

屋号 はつねっと
住所 〒238-0031
神奈川県横須賀市衣笠栄町1-36
電話番号 090-1044-4342
営業時間 10:00-18:00
代表者名 金子 初音 (カネコ ハツネ)
E-mail info@はつねっと.net

女性用越中ふんどしの「はつねっと」 女性用越中ふんどしのはつねっとでは、自然由来100%のオーガニック素材である麻を使い、縫製から染めまで全て手作業で一つ一つ丁寧に仕上げた女性用ふんどしを通じて、デリケートな女性のお悩みや自分らしく生きるためのライフスタイルまでをサポートをしています。最近熟睡できない方や最近お肌の調子が良くない方は、ぜひお試しください。

〒238-0031
神奈川県横須賀市衣笠栄町1-36

090-1044-4342

10:00-18:00